Menu

言うまでもなく花粉症患者にとって春先は恐怖の時期でしかありませんよね。 くしゃみ 喉の痒み 目の痒み 涙 鼻の奥の痒み 鼻水 etc… 花粉症患者のくしゃみは出始めると納まる事を知らず…。 電車の中で始まろうものならもう、大変。 ハンカチで口を押さえるものの、周りの目は気になるし、鼻のむずむずが抑えられず、更には次のくしゃみへと誘導する…あの恐怖。 では、対応策として、
最近では、オシャレでカラフルなマスクまでも登場しました。まるでファッションアイテム化した花粉症対策グッズで、花粉症をオシャレに楽しもう…という戦略なのでしょうか。苦しい時期を少しでも気分を上げて乗り切る対策の様子。だけど、これら全てのアイテムは本当に気休め程度。病院でお薬をもらう。 何とかこの症状から解放されたいと耳鼻科に駆け込むも、待合室では同じ思いの患者さんで溢れ返っています。せっかくの休日を潰してまで病院に来たのですから、このまま帰るわけにも行かず… ひたすら順番を待ち続け… 待った甲斐があり、お薬をもらって、症状が落ち着く…症状が落ち着くだけでも、どれだけ救われた気がするか… これが花粉症患者にとっての毎春の出来事…。 お薬の威力を感じる時季でもありますね。さて、花粉症患者を助けるこのお薬ですが、 シーズンに1〜2度使用する程度なら問題はありません。
ガスの元栓が原因で火事になったとしましょう。 消化器で火を消し、とりあえずは一段落。 ですが、ガスの元栓をきちんと閉める習慣を身に付けなければ繰り返してしまいます。 火が消えたと思っても、またすぐに火事になり、繰り返す・・・・。 (4)なぜ、毎年花粉症は繰り返されるのでしょう。 それには、根本的な原因を治さなければ、解決にはなりません。 話を花粉症に戻します。 (5)なぜ、くしゃみが出るの? 花粉症患者は何故くしゃみが出るのか皆様は御存知でしょうか??? 理由は、鼻から入ってくる花粉を体が異物として認識して、体内の免疫パワーが異物退治の為に排除するよう働き、体を守る手段として鼻水、くしゃみが出るのです。 つまり、鼻水やくしゃみは花粉症患者の体内の免疫が戦っている証拠なのです。 疑問に思われませんか? 皆さんが病院で処方してもらう(注射等含む)薬ですが、鼻水やくしゃみを止めるものですよね?
つまり、神経麻痺を引き起こして症状を緩和させたような錯覚をおこさせるもの。 今この瞬間助けられた錯覚により、将来認知症や脳梗塞を引き起こす原因になりかねません。 近年、薬による免疫力の低下が若年化傾向にあり、治療する機会が増え、その結果更なる悲劇を生み出しているのです。 また、ステロイド注射やヒスタミン注射によって花粉症を抑える方が見受けられますが、生理不順、ホルモンバランスの崩れ、免疫力低下及び感染症の誘発、精神疾患、骨量低下、胃潰瘍、肥満、緑内障、血糖値の上昇などの副作用とも友達となってしまいます。 薬や注射・・・ 人間に必要な免疫力を低下させ、副作用も伴う。 そして自身の免疫力、すなわち自然治癒力が年々下がっていく。 その結果、風邪をひきやすくなったり、その他の体調不良の原因となっていくのです。 それだけではありません。 そのお薬は、体もだんだんと慣れてきてしまい、効かなくなり、より強いお薬へと変わっていき、益々免疫力がダウンしていきます。 こうやって、体の中の悪循環が始まっていくのです。 そうです。負のスパイラルです。 薬による免疫力崩壊のスパイラルです。 治りたい…でも治らない…ひどくなる… これが花粉症です。 辛い花粉症の対策は、薬で体内の神経を麻痺させて抑える(そんな気分に錯覚させられている状態)か、免疫力でアレルギー自体を体内から消滅させる他ありません。
それは栄養で、体質を改善していくことが一番ということは 一般的によく言われている事です。 アレルギーに効く食物や飲料は多くあげられていますよね。 その例として、 ヨーグルト ビフィズス菌が入っているヨーグルト 最低200g れんこん トマト  など。 ビタミン・ミネラル類・ポリフェノールを多く含む野菜やきのこ類も免疫力を高めるためにお勧めです。 日々の食事を考えるだけで、症状が改善される事は事実ですが、 問題は食べる量と改善までにかかる日数です。 残念な事に、効果効能が期待できる量を摂るにはかなりの飲食を繰り返す事になります。 たとえば、1日に必要な ビタミンCは1日みかん8個、 ビタミンDは、卵黄200個分 ビタミンB1は豚のもも肉2.5kg  などなど・・・。 いくら栄養が必要と言われても食べられないですよね。 メタボ、糖尿、などの危険性を考えたらレシピに限界があるだけでなく、飲食量の制限をしつつ、長い時間を要します。
私がお薦めするマルチビタミン・ミネラルサプリメント。 それは、私が師と仰ぐ「栄養ゲノム博士 リョウ・ナリサワ」が開発したサプリメントです。 その名もNutra Vita & BK9
詳しくはこちら
でも、これはただの錯覚でしかありません。 本当の健康を手に入れるには、薬では無理だからです。 本物のサプリメントは、花粉症を根本から治すだけでなく、 健康維持出来る価値のある物なのです ゲノム博士と知り合い、アシスタントとなり、このサプリを知り 飲み始めて、私は花粉症から救われました。 私は長年、苦しんだ花粉症がこのサプリを飲み始めて1カ月後に 変化があり、翌年は忘れている位すっきりしました。 実際に体感したお話しです。 ですが、どうか誤解しないでください! ゲノム博士は、薬を完全否定している訳ではありません。 辛い症状を解消してくれる医師から処方される薬は、症状によっては不可欠です。 しかし、どこかで副作用と折り合いをつけていかないといけません。 その点、栄養だと免疫力を高めることはもちろんのこと、解毒作用も期待できるので、薬の副作用も軽減可能です。 ましてや、体質が改善されることで、人生から花粉症に怯える辛い季節に私は永遠に“サヨナラ”出来ました。 そんな素敵な”サヨナラ”を、Nutragenのサプリメントが後押ししてくれるのです。 サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ~と大きく花粉症に手を振ってみませんか?
詳しくはこちら